山田章博 新作情報かわらばん β

<開設 2009/05/31 → 最終更新 2017/12/10>


≪ごあいさつ≫
このページでは、漫画家・イラストレーターの「山田章博」先生の新作情報を、
ファンサイト 「山田章博 作品目録」 (管理人:砥部粧さん) に寄せられたもの
から、「現在発売中のもの」を中心にピックアップしてご紹介しています。

本サイト 「新作情報かわらばん」 および 「かわらばんやの倉庫」 は、
上記 「山田章博 作品目録」 の補足を目的として設置されており、
初音むつな が管理しています。


≪Petit EVENT≫
□ 「ハゲタカ2.5 ハーディ」出版関連イベント
<「ハゲタカ」シリーズ再始動!
待望の新作刊行記念 『ハーディ』から『シンドローム』へ>
https://honto.jp/store/news/detail_041000023674.html

・開催予定日 : 2017年12月26日(火)19:00開場/19:30開演
・会 場 : ジュンク堂 池袋本店(4F MJブックカフェ)
・要予約/定員40名 (*1階サービスコーナーまたは電話で受付)
・入場料 : 1000円(ドリンク付)当日支払い



≪CONTENTS−このページの掲載内容≫

01:ここ数ヶ月内に発売等された「山田章博」作品一覧

02:「山田章博」作品情報リンク

03:現在進行中の「山田章博」作品群一覧

≪* 最新の更新情報は、本文中赤字で表示されているものです≫



01:ここ数ヶ月内に発売等された「山田章博」作品一覧

△ to top

 ▽ to 2017年 11月  ▽ to 2017年 10月
 □ to 2017年 09月  ▽ to 2017年 08月  ▽ to 2017年 07月
 □ to 2017年 06月  ▽ to 2017年 05月  ▽ to 2017年 04月
 □ to 2017年 03月  ▽ to 2017年 02月  ▽ to 2017年 01月


<最新刊・2017年11月>

「MEREMANOID 〜マーメノイド〜」(ゲームアーカイブス)
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0188-NPJJ00767_00-0000000000000001
http://d-mebius.com/gamearchives/#!soft2
(配信開始:2017年11月22日)

※ 1999年8月発売の同タイトルのPlayStation Store「初代PSアーカイブス」への移植版。



真山仁 「ハゲタカ2.5 ハーディ(下)」(講談社文庫)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062938044
(発売日:2017年11月15日)

【モノクロイラスト】
・表紙 (*雑誌挿絵が加工されたもの)
・章扉: 計4点 (*雑誌挿絵再録)

真山仁 「ハゲタカ2.5 ハーディ(上)」(講談社文庫)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062938075
(発売日:2017年11月15日)

【モノクロイラスト】
・表紙 <描き下ろし>
・章扉: 計5点 (*雑誌挿絵再録)



田中芳樹 「蛇王再臨−アルスラーン戦記13」(光文社文庫版)
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334775599
(発売日:2017年11月09日)

【カラーイラスト】
 表紙・口絵: 計2点



「無双OROCHI2 Ultimate」(Nitendo Switch版)
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/index.html
(発売日:2017年11月09日)

・キャラクターデザイン :計5体
(* 玉藻前、応龍、ナタ、九尾の狐、渾沌)
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/characters.html

※ 2013年9月発売の同タイトルの移植版。


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年10月>

スティーヴン・キング 「ダークタワーZ 暗黒の塔(下)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000243
(発売日:2017年10月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点

スティーヴン・キング 「ダークタワーZ 暗黒の塔(上)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000242
(発売日:2017年10月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点



≪電子版≫
スティーヴン・キング 「ダークタワーZ 暗黒の塔 【上下 合本版】」 (角川文庫)
https://bookwalker.jp/de3d437ba9-422b-411d-9758-fc42a6324e13/
(配信開始日:2017年10月25日)

【カラーイラスト】 表紙:2点 (+カバーでは上下巻が1枚絵に)
【モノクロイラスト】 表紙ラフ:1点 (電子版特典)
* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応。



≪電子版≫
スティーヴン・キング 「『ダークタワー』シリーズT‐Z【14冊 合本版】」 (角川文庫)
https://bookwalker.jp/de6f791b6e-9c70-4ef4-ad7f-2a0f7720dc2d/
(配信開始日:2017年10月25日)

【カラーイラスト】 表紙:7点 (+カバーではZ上下巻が1枚絵に)
【モノクロイラスト】 表紙ラフ:6点 (電子版特典)
*「T ガンスリンガー」「U 運命の三人」「V 荒地」「Z 暗黒の塔」の表紙+表紙ラフを収録。
*「Z 暗黒の塔」表紙ラフの「キングバージョン」(2種)は「T〜Z 合本版」のみに収録。
* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応。


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年08月>

「メビウス ファイナルファンタジー/MOBIUS FINAL FANTASY」
http://www.jp.square-enix.com/MOBIUSFF/
(*山田絵カードイラスト実装:2017年08月06日)
*iOS/Android/Windows(Steam)用RPG

【カラーイラスト】 計1点 (*キャラクターカード1枚)

・アルティメットカード 月の民「フースーヤ:FFIV」
(* 2017年08月06日〜08月09日開催のイベント「FFVII&FFXIV&FFXVリミテッドリユニオン大召喚開催!」にて新登場)
http://www.finalfantasy.jp/mobius/information/2017/08/05/7930df928cb91f3d808b51dcffa874f42a54484b.html
(* メビウスFF究極攻略Wiki)
https://altema.jp/ffmobius/ability/2511


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年07月>

「公式 山田章博」 2017夏企画 「暑中見舞い」
(更新日:2017年07月18日頃→公開終了:2017年08月07日)

特設ページ/公式「山田章博」2017夏企画
・暑中見舞い画像ダウンロード
(カラーイラスト:1点掲載/桔梗の浴衣と吊りしのぶ)


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年05月>

「ファイアーエムブレム ヒーローズ−召喚師の手引き−」
  (FIRE EMBLEM Heroes −SUMMONER'S GUIDE−)
https://fire-emblem-heroes.com/ja/topics/index.html?id=detail-20170531
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644144/
(発売日:2017年05月31日)

【カラーイラスト】 計16点(*キャラクター4体×4態)
・ P040-041 「タリスの傭兵 オグマ」
・ P056-057 「解放の王 ゼフィール」
・ P126-127 「マルスの軍師 ジェイガン」
・ P174-175 「老騎士 ギュンター」



田中芳樹「暗黒神殿−アルスラーン戦記12」(光文社文庫版)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334774707
(発売日:2017年05月11日)

【カラーイラスト】
 表紙・口絵:計2点


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年04月>

スティーヴン・キング 「ダークタワーV 荒地(下)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000235
(発売日:2017年04月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点

スティーヴン・キング 「ダークタワーV 荒地(上)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000234
(発売日:2017年04月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点



≪電子版≫
スティーヴン・キング 「ダークタワーV 荒地 【上下 合本版】」 (角川文庫)
https://bookwalker.jp/de61774837-c3ff-4f75-8aad-bfaa4d65f9b7/
(配信開始日:2017年04月25日)

【カラーイラスト】 表紙:2点 (+カバーでは上下巻が1枚絵に)
【モノクロイラスト】 表紙ラフ:1点 (電子版特典)
* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応。



≪電子版≫
スティーヴン・キング 「ダークタワーU 運命の三人 【上下 合本版】」 (角川文庫)
https://bookwalker.jp/dedac663e2-892f-4400-bcb1-b131a3949630/
(配信開始日:2017年04月25日)

【カラーイラスト】 表紙:2点 (+カバーでは上下巻が1枚絵に)
【モノクロイラスト】 表紙ラフ:1点 (電子版特典)
* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応。


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年02月>

バーズ20周年記念展「Twenty」 / 後期(2nd.Stage) (終了)
http://www.gofa.co.jp/art/161228_birz/index.shtml

・開催地 : 東京・青山
・会場 : 画廊「GoFa」(青山オーバルビル2F)
・会期 : 2017年02月22日(水)〜2017年03月20日(月・祝)
     (* 開場時間 12:00〜18:00)
     (* 月曜定休)
・入場料:800円(Cafeチケット付)

□ 原画展示:計8点(「BofE」関連:4点/新装版単行本表紙:4点)

□ 来場者特典「描き下ろしメッセージペーパーセット」Cセットに参加。
⇒ 絵柄は「BEAST of EAST−東方眩暈録−」より鬼王丸と藻。
https://twitter.com/gofa_official/status/840034199432245252

□ アートグラフ(複製原画)1点販売あり。 (受注終了)
⇒ 絵柄は「BEAST of EAST−東方眩暈録−」より鬼王丸(『月刊コミックバーズ』2009年5月号・綴じ込みポスター)。
(*シート:14,800円/額装:5,000円/送料:1,550円/額装なしの購入も可能)
(*サイン入り/限定50枚)
https://twitter.com/gofa_official/status/834242831090737152

≪展示されていた原画≫

001/「異聞・東方眩暈録」/CDジャケットイラスト/ドラマCD『BEAST of EAST〜異聞・東方眩暈録〜』/マリン・エンタテインメント/発売:2004年7月
002/「絵巻眩暈誌」/画集表紙/画集『絵巻眩暈誌 BEAST of EAST』/幻冬舎コミックス/発売:2008年3月
003/鬼王丸 冬/ミニ複製原画用イラスト/「BEAST of EAST−東方眩暈録−」単行本3巻 特装版/幻冬舎コミックス/発売:2007年3月
004/鬼王丸/ポスター用イラスト/『月刊コミックバーズ』2009年5月号/幻冬舎コミックス/発行:2009年4月

005/「機巧亭茶館」/単行本表紙/「機巧亭茶館 CAFE DE MAQUINICALISバーズコミックススペシャル/幻冬舎コミックス/発売:2016年7月
006/「夢の博物誌」/単行本表紙/「夢の博物誌 NATURO HISTORIO ILUZIOバーズコミックススペシャル/幻冬舎コミックス/発売:2015年5月
007/「紅色魔術探偵団」/単行本表紙/「紅色魔術探偵団 Red Magic Detectiveバーズコミックススペシャル/幻冬舎コミックス/発売:2016年1月
008/「おぼろ探偵帖」/単行本表紙/「おぼろ探偵帖 OBORO TANTEICHOバーズコミックススペシャル/幻冬舎コミックス/発売:2016年5月



「Nintendo DREAM」2017年4月号
http://www.nindori.com/books/index.html
(発売日:2017年02月21日)

*「ファイアーエムブレム ヒーローズ」関連記事のひとつ
「みんなで遊べばもっと楽しい 入隊3日間編集部レポート」に
「オグマ」(通常時)の掲載あり(P49)。



「ファイアーエムブレム ヒーローズ/FIRE EMBLEM Heroes」
https://fire-emblem-heroes.com/ja/
(配信開始:2017年02月02日)
*iOS/Android用シミュレーションRPG

【カラーイラスト】 計16点 (*キャラクター4体×4態)

・「タリスの傭兵 オグマ」
https://www.famitsu.com/images/000/125/916/58901afff03d0.html
https://www.famitsu.com/images/000/125/916/58901b0025d89.html
https://app.famitsu.com/20170203_961553/

・「マルスの騎士 ジェイガン」
https://www.famitsu.com/images/000/125/833/588ee1663e7f1.html
https://www.famitsu.com/images/000/125/833/588ee16638a18.html
https://app.famitsu.com/20170203_961681/

・「老騎士 ギュンター」
https://app.famitsu.com/20170203_961755/

・「解放の王 ゼフィール」
(** 第9章(9-2)で敵キャラクターとして登場。)
(** 時折開催される「大英雄戦」をクリアする事で入手可能に。)
https://twitter.com/FE_Heroes_JP/status/854621365650939904
https://twitter.com/FE_Heroes_JP/status/854622289827987457

⇒ 各キャラクターともに「通常時」「攻撃時」「奥義使用時」「被ダメージ時」の4点のイラストが存在。


 ▲ to #01 top

<最新刊・2017年01月>

スティーヴン・キング 「ダークタワーU 運命の三人(下)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000233
(発売日:2017年01月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点

スティーヴン・キング 「ダークタワーU 運命の三人(上)」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000232
(発売日:2017年01月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点



スティーヴン・キング 「ダークタワーT ガンスリンガー」 (角川文庫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000231
(発売日:2017年01月25日)

【カラーイラスト】 表紙:1点

≪電子版≫
https://bookwalker.jp/de8f0b2659-f97c-42b5-bfab-a8b0923ed60b/

【モノクロイラスト】 表紙ラフ:1点 (電子版特典)


 ▲ to #01 top

<過去の発売等履歴については下記へ>

「かわらばんやの倉庫」→

≪関連資料04-2016≫ 2016年に発売等された「山田章博」作品一覧

≪関連資料04-2015≫ 2015年に発売等された「山田章博」作品一覧

≪関連資料04-2014≫ 2014年に発売等された「山田章博」作品一覧

 ▲ to #01 top




02:「山田章博」作品情報リンク

△ to top

■ 当サイトは私的なファンサイトですので、公式情報については、
下記の「公式 山田章博」をご確認ください。

「公式 山田章博」
http://kirakuya-honpo.hustle.ne.jp/yamada-akihiro/
(山田章博公式情報サイト−2002.02.10開設)

・Top画像(2017年06月09日頃更新/山田家の猫たち/写真計7点)

・GALLERY (2014年02月10日再開)
→ 計4点掲載
(1)ホワイトハート版「風の海 迷宮の岸」下巻:表紙(1993年)
(2)DVD「ラーゼフォン」第2巻:ジャケット(2002年)
(3)角川文庫版「ドラッケンフェルズ」:表紙(1992年)
(4)角川ノベルズ版「地球樹の女神2 鷹は自由に」:表紙(1988年)


「青天、視界良好。」(Blog-奇楽家本舗通信)
http://blueclear.fc2web.com/index.html

2017.11.23付 #350「『ハーディ』、文庫上・下巻で発売」
  *「ハーディ」上巻の表紙に隠された秘密が明らかに。

2016.09.01付 「山田先生の最近お気に入り画材・U」
  *1 MARUEI「玉毛筆」(ショップオリジナル筆)と画稿の一部の写真を掲載。
  (↓参考:丸栄ガクブチ公式サイト)
http://www.maruei-f.co.jp/
  *2 開明墨汁「墨汁屋さんの消しごむ」と画稿の一部の写真を掲載。
  (↓参考:開明墨汁公式サイト)
http://www.kaimei1898.com/detail/item_ho1640.html

2016.05.10付 「山田先生、最近お気に入りの画材はコレ!」
  * 三菱鉛筆「uni スタイルフィット」と画稿の一部の写真を掲載。
  (↓参考:三菱鉛筆「uni」公式サイト)
http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/gel/style_fit/gel_ink_rt/umn_139_28.html


■ ほかの代表的なファンサイトもご紹介。「過去の作品情報」や
「新作の早耳・特ダネ情報」あるいは「休載情報」等については、
下記の「山田章博 作品目録」の「掲示板」等をご確認いただくと、
有望な情報があるかもしれません。

「山田章博 作品目録」
http://www.geocities.jp/hako19980222/
(山田章博的破弧−1998.02.22開設)


「山田章博ノ世界」
http://graymoon.xyz/yamada_world/
(1998.01.23開設/2016.05.06復活)


*「読書メーター」で「山田章博」を検索した結果。
http://bookmeter.com/s?q=山田章博


■ 「過去の作品情報」については、当サイトでも一部取り扱いを始め
ました。上記の「山田章博 作品目録」とあわせて、山田作品探索の際、
参考にしていただければ幸いです。

「かわらばん屋の倉庫」
(山田章博 新作情報かわらばん内−2010.01.04開設)

 ▲ to #02 top



「十二国記画集刊行記念『山田章博展』Exhibition & Cafe」
(2014年08月02日〜08月31日(会期終了)/画廊GoFa)

<GoFa 十二国記画集刊行記念『山田章博展』特設ページ>
http://www.gofa.co.jp/art/140802_ay/index.shtml

(〜十二国記画集刊行記念〜関連情報は、下記のページへ移動しました)
 ▼ to 十二国記画集刊行記念『山田章博展』



「山田章博〜挿画の世界展〜」
(2014年05月28日〜06月29日(会期終了)/芦屋市谷崎潤一郎記念館)

(〜挿画の世界展〜関連情報は、下記のページへ移動しました)
 ▼ to 山田章博〜挿画の世界展〜



「山田章博−世界を生み出す魔法の筆−」展
(2011年04月29日〜06月05日(会期終了)/京都国際マンガミュージアム)

(−世界を生み出す魔法の筆−展関連情報は、下記のページへ移動しました)
 ▼ to 山田章博−世界を生み出す魔法の筆−」展




03:現在進行中の「山田章博」作品群一覧 (2017年12月10日現在)

△ to top

▽ to「BEAST of EAST -東方眩暈録-」   ▽ to 旧作単行本
▽ to 菅浩江「GEAR〜Another Day 五色の輪舞」   ▽ to「GEAR」   ▽ to「GEAR East Version」
▽ to 真山仁「ハーディ」   ▽ to スティーヴン・キング「ダークタワー」
▽ to「メビウス ファイナルファンタジー」   ▽ to「ファイアーエムブレム ヒーローズ」   ▽ to「無双OROCHI2 Ultimate」
▽ to 平井和正「地球樹の女神」   ▽ to 田中芳樹「アルスラーン戦記」   ▽ to 朝松健 作品
▽ to 小野不由美「十二国記」   ▽ to「薔薇十字叢書」



≪Comic≫

「BEAST of EAST -東方眩暈録-」 (「月刊バーズ」不定期連載)
→ 最新 第60回(2011年06月号)

(「月刊バーズ」公式サイト)
http://www.gentosha-comics.net/birz/

・第1巻 「BEAST of EAST -東方眩暈録- 1」(1998年08月刊)
・第2巻 「BEAST of EAST -東方眩暈録- 2」(2000年09月刊)
・第3巻 「BEAST of EAST -東方眩暈録- 3」(2007年03月刊)
・画集 「絵巻眩暈誌 BEAST of EAST」(2008年03月刊行)
・第4巻 「BEAST of EAST -東方眩暈録- 4」(2011年08月刊)
http://www.gentosha-comics.net/story/beast_of_east.html

・最近の掲載号は、
 <2007年> 2007年09月号2007年11月号
 <2008年> 2008年03月号2008年09月号2009年01月号
 <2009年> 2009年08月号
 <2010年>(掲載なし)
 <2011年> 2011年04月号2011年06月号(*ここまでが第4巻分)
 <2012年>(掲載なし)
 <2013年>(掲載なし)
 <2014年>(掲載なし)
 <2015年>(掲載なし)
 <2016年>(掲載なし)
 <2017年>(今のところ掲載なし)



・「バーズ二○周年 お慶び申し上げます。Beast of East よろしく。」
(* 2017/02/22 バーズ20周年記念展「Twenty」メッセージペーパー・Cセットより)
(* 最終章を予感させる鬼王丸と藻のイラストに、メッセージが添えられている)
https://twitter.com/gofa_official/status/840034199432245252
   ↑
・「年内(2014年)には作業は終わる予定。残り1巻ですから。」
(* 2014/06/08 「山田章博〜挿画の世界展〜」ギャラリートークでの質疑応答より)
   ↑
・「休載中の『BEAST of EAST』をなるべく早く再開したいですね。
 このマンガには、自分を育ててくれた日本的な文化をたくさん盛り込んでいます。
 それらを描くことは自分の使命のようにも感じています」
(* 2014年01月刊「月刊 京都」2014年2月号 インタビュー記事より)
   ↑
・「誓って完結を20周年まではお待たせしません。」
(* 2012年08月刊「月刊コミックBIRZ15周年記念 描き下ろし小冊子」sideA 巻末コメントより)
   ↑
・全5巻完結予定。
(*「公式 山田章博」〜2011年02月03日付「今後の予定」等より)



**山田作品とは直接関係ありませんが・・・「BEAST of EAST」誕生のきっかけのひとつとなった、
映画「九尾の狐と飛丸」についての『映画の國』のコラム(Text by 木全公彦 )
・『九尾の狐と飛丸』をめぐって(前篇) (2012/07/10)
http://www.eiganokuni.com/kimata/53-1.html
・『九尾の狐と飛丸』をめぐって(後篇) (2012/08/14)
http://www.eiganokuni.com/kimata/54-1.html

<Fragments of「BEAST of EAST」>
**「妖怪 金色姫」についての覚え書き


≪電子版≫
「BEAST of EAST -東方眩暈録- 1」
→ 各種電子書籍ストアで、2015年12月24日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/dp/B019IOHJBQ/
「BEAST of EAST -東方眩暈録- 2」
→ 各種電子書籍ストアで、2016年01月29日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/dp/B01B7LER86/
「BEAST of EAST -東方眩暈録- 3」
→ 各種電子書籍ストアで、2016年07月31日以降配信開始。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01J9IKEX6/
「BEAST of EAST -東方眩暈録- 4」
→ 各種電子書籍ストアで、2016年12月01日以降配信開始。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MSSKGVS

 ▲ to #03 top

≪Comic≫

旧作が「幻冬舎コミックス」より順次刊行予定
(*「公式 山田章博」〜2014年05月10日付「Top Information」より)

▽ to「ラストコンチネント」上  ▽ to「ラストコンチネント」下  ▽ to「百花庭園の悲劇」
▽ to「夢の博物誌」  ▽ to「ロードス島戦記 ファリスの聖女」  ▽ to「人魚變生」
▽ to「紅色魔術探偵団」  ▽ to「おぼろ探偵帖」  ▽ to「機巧亭茶館」



□ 「機巧亭茶館(からくりてい ちゃかん) CAFE DE MAQUINICALIS」 (バーズコミックススペシャル)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/604137.html

・2016年07月刊
・カバー描き下ろし。
・「バンブーハウス」「カフェ・ド・マキニカリス」「ボーナストラック」収録作を中心に再編集。
・初単行本化作品あり。
・「山田章博作品集(仮)」とされていたもの。

・「鋼鉄のパンドラ」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1991)
・「ジュディと燃える秘宝の谷」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1987)
・「TWINKLE;19XX」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1982)
・「GHOSTS」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1983)
・「POST MAN」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1989)
・「忍秘圖」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1991)
・「蘇る愛」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1988)
・「酩酊愚人」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1986)
・「En」 →(■「BAMBOO HOUSE」(1983)収録作/初出:1982)
・「海辺の音楽」 →(☆初単行本化/1981年頃の作品)
・「だんす」 →(■「BAMBOO HOUSE」(1983)収録作/初出:1983)
・「女子日常作法 其之一」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1983)
・「女子日常作法 其之二」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1984)
・「涙、なみだのセーラー服」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1983)
・「SF内宇宙からの侵略」 →(◎「カフェ・ド・マキニカリス」(1985)収録作/初出:1983)
・「夜話」 →(△「ボーナス・トラック」(1999)収録作/初出:1983・1999)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344837614

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『機巧亭茶館』


≪電子版≫
「機巧亭茶館(からくりてい ちゃかん) CAFE DE MAQUINICALIS」(バーズコミックススペシャル)
→ 各種電子書籍ストアで、2016年07月31日以降配信開始。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01J9IKF0I/

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「おぼろ探偵帖 OBORO TANTEICHO」 (バーズコミックス スペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/604080.html

・2016年05月刊
・表紙/裏表紙カット描き下ろし
・口絵: 第二話 怪猫座 扉絵

・第一話 東京宵闇三途恋塚
・第二話 怪猫座
・第三話 百物語後日返報
・おぼろ探偵帖始末記

・明治東京物怪図録
・おぼろ雑草帖
・おぼろ雑想帖−解題−

*「東京三世社版」(1991年)、「日本エディターズ/ペーパーコミックス版」(1999年)に続く、3度目の刊行。
* 収録内容は、1999年刊のペーパーコミックス版に準拠(「雑草帖」等の挿入箇所は異なる)。

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『おぼろ探偵帖』


≪電子版≫
「おぼろ探偵帖 OBORO TANTEICHO」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2016年06月01日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/dp/B01G8KG0HC/

▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「紅色魔術探偵団 Red Magic Detective」 (バーズコミックス スペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603986.html

・2016年01月刊。
・表紙/裏表紙カット描き下ろし
・口絵1: 単行本「紅色魔術探偵団」(ペーパーコミックス版)カバーイラスト
・口絵2: 雑誌「コミックXX(ダブルエックス)」2号 折り込みポスター

・第一話 紅色魔術探偵団 結成前夜
<初出>「空想科学大冒険活劇競作大全集」VOL.5/1987.11
・第二話 さまよえるオランダ真珠
<初出>「空想科学大冒険活劇競作大全集」VOL.6/1987.12
・第三話 魔道士アブラメリン
<初出>「空想科学大冒険活劇競作大全集(CRASH!)」VOL.7/1988.01
・第四話 怪奇骨董音楽箱
<初出>「空想科学大冒険活劇競作大全集(CRASH!)」VOL.8(VOL.2)/1988.02
・第五話 游々飯館の怪・梨華ご乱心!
<初出>「空想科学大冒険活劇競作大全集(CRASH!)」VOL.9(VOL.3)/1988.03
・第六話 奇獣島の謎
<初出>「クレッセント」1(B5判雑誌)/1988.07
・第七話 大襲来!お笑い宇宙戦争
<初出>「クレッセント」1(B5判雑誌)/1988.07
・第八話 中華街妖術戦記(前編)
<初出> 単行本「紅色魔術探偵団」(ノーラコミックス版)描き下ろし(?)/1989.08
・第八話 中華街妖術戦記(後編)
<初出> 単行本「紅色魔術探偵団」(ノーラコミックス版)描き下ろし(?)/1989.08
・第九話 紅色魔術探偵団 編成前夜(前編)
<初出>「コミックXX(ダブルエックス)」3号/1991.05
・第九話 紅色魔術探偵団 編成前夜(後編)
<初出>「クルー」3号/1991.10

*「学研/ノーラコミックス版」(1989年)、「日本エディターズ/ペーパーコミックス版」(1999年)に続く、3度目の刊行。
* 収録内容は、1999年刊のペーパーコミックス版に準拠(あとがき等は収録なし)。
* 本書の奥付の「初出」には誤りがあります。ご注意ください。

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『紅色魔術探偵団』


≪電子版≫
「紅色魔術探偵団 Red Magic Detective」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2016年01月29日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01B7LERRM/

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「人魚變生 THE METAMORPHOSIS OF SIREN」 (バーズコミックス スペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603825.html

・2015年07月刊。
・表紙/裏表紙カット描き下ろし
・口絵 : 単行本「魔法使いの弟子 〜悪魔に「小」がつく幾つかの事情」カバーイラスト

・人魚變生 the mermaid incarnate
・魔法使いの弟子 THE SORCERER'S APPRENTICE
・素描集・みづは
・まきゃあじゅ :MAQUILLAGE
・天空人讃揚 VISUAL RECITAL 1982
・L'AMANT DE MANNEQUIN / マヌカン
・影夫人異聞
・Ballet / バレエの計画
・ぱだんぱだん padam padam

*デビュー単行本「マイコミックス版」(1982年)の新装普及版。

*「マイコミックス版」(東京三世社刊)との主な違い
・描き下ろし口絵、記事類(作品解説「水仙の便り」山科玲児/「二枚目&二枚目半Q&A」/「山田章博全調書」
/「作品後記〜晩春の古都より」/作品解説「囈語−山田章博讃−」南條竹則)は、マイコミックス版のみに収録。

** 商業誌デビュー作「ぱだんぱだん」のタイトルモチーフとなった、
エディット・ピアフの『パダム・パダム/Padam... Padam...』(1951)
(Edith Piaf Padam Padam)
https://www.youtube.com/watch?v=A2qv8kdJUHo


≪電子版≫
「人魚變生」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年11月01日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/dp/B017D7FKLQ/

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「ロードス島戦記 ファリスの聖女 完全版」 (原作:水野良/KADOKAWA刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321410000176/

・2015年06月刊。

・単行本 「ロードス島戦記 ファリスの聖女 完全版(上)」
・単行本 「ロードス島戦記 ファリスの聖女 完全版(下)」
・画集 「Illustrations of Lodoss」
 (** 上記3冊を化粧箱に収納)

* 収録されたイラスト類の初出等は下記の通り。
「Illustration of Lodoss」 初出一覧


・「コンプティーク」2015年04月号に「復刊決定記念 山田章博インタビュー」掲載(P260-262)
(* 扉イラストは新作描き下ろし。→付録画集収録)

*「ドラゴンコミックス版」(1994年)、「ニュータイプ100%コミックス版」(2001年)に続く刊行。

*各バージョンの主な違いは下記の通り。
・ドラゴンコミックス版(1994)=B5変形判/T巻のみ。「完全版」上巻P209まで収録。あとがきあり。
・ニュータイプ100%コミックス版(2001)=B5変形判/T巻新装版とU巻。ドラゴンコミックス版の口絵なし。
・完全版(2015)=AB判/上巻・下巻・画集の3冊セット。化粧箱入り。あとがきあり。


≪電子版≫
「ロードス島戦記 ファリスの聖女 電子版」(上)
「ロードス島戦記 ファリスの聖女 電子版」(下)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年09月10日より配信開始。
http://bookwalker.jp/series/52708/

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「夢の博物誌 NATURO HISTORIO ILUZIO」 (バーズコミックス スペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603789.html

・2015年05月刊
・表紙/裏表紙描き下ろし
・口絵 : 雑誌「漫画 夢の博物誌(1)」表紙のアナザーバージョン。
     *初出は「山田章博の世界〜ファンタジーアートワークス〜」(P46)

・緑 -または緑色の少女
・モニュメント
・蝶の家
・エヴァンス夫人の失踪
・胡蝶探記
・地下鉄で海へ
・中国魔術と魚妖公主
・Rendez-vous -逢瀬-
・月人
・夏人記
・花仙
・a dream of Eu/one more dream of Eu
・夜雀
・花尾

*「東京三世社版」(1988年)、「日本エディターズ版」(2001年)に続く、3度目の刊行。

*各バージョンの主な違いは下記の通り。
・東京三世社版(1988)=A5判/正・続2巻組。「続」巻に「女子日常作法−応用篇−」を収録。
・日本エディターズ版(2001)=B5判/a・b2巻組。「b」巻に「雑想」を収録。
・幻冬舎コミックス版(2015)=B6判/単巻。

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『夢の博物誌』


≪電子版≫
「夢の博物誌」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年10月01日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/dp/B015XZBQCW

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「百花庭園の悲劇」 (バーズコミックススペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603635.html

・2014年11月刊
・表紙/裏表紙描き下ろし
・口絵 : 青心社版「百花庭園の悲劇」表紙
・本編 :「百花庭園の悲劇」+「マイペンライ」収録

*「新書館版」(1984年)、「青心社版」(1991年)に続く、3度目の刊行。

** 「新書館版」のあとがきによれば、作品のモチーフとなったのは、
ヴィッキー・レアンドロス・パパサナシュウの『庭の千草』。
(LONELY LAST ROSE - Vicky Leandros)
https://www.youtube.com/watch?v=vI6Dxw55hQ0

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『百花庭園の悲劇』


≪電子版≫
「百花庭園の悲劇」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年09月01日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B014OWDYTI

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「ラストコンチネント 下」 (バーズコミックススペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603589.html

・2014年09月刊
・表紙/裏表紙描き下ろし
・口絵 : 英訳版「Lost Continent」Book6表紙/Book1表紙
・本編 : ACT5〜ACT6収録

*2000年6月の日本エディターズ「ペーパーコミックス版」に続く、2度目の復刊。
コミック本編は、東京三世社「マイコミックス版」の「ラストコンチネント Part2」とほぼ同一の構成。
(P6のみ「What」1986年2月号掲載分で、「ペーパーコミックス版」には収録されているが、
「マイコミックス版」には未収録のページ。)

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『ラストコンチネント 下』


≪電子版≫
「ラストコンチネント 下」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年07月31日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B012WD7YPQ

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

□ 「ラストコンチネント 上」 (バーズコミックススペシャル版)
http://www.gentosha-comics.net/book/label/cat5/birzc/cat1542/603537.html

・2014年07月刊
・表紙/裏表紙描き下ろし
・口絵 : 英訳版「Lost Continent」Book5表紙/Book2表紙
・本編 : ACT1〜ACT4収録

*2000年06月の日本エディターズ「ペーパーコミックス版」に続く、2度目の復刊。
コミック本編は、東京三世社「マイコミックス版」の「ラストコンチネント Part1」とほぼ同一の構成。

・カバーデザインを手がけた「ウチカワデザイン」(内川たくや氏)のWORKSページ。
http://uctk.net/works/山田章博『ラストコンチネント 上』


≪電子版≫
「ラストコンチネント 上」(バーズコミックススペシャル版)
→ 各種電子書籍ストアで、2015年07月31日以降配信開始。
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B012WD7Z1E

 ▲ to #03 top  ▲ to 旧作単行本 top

≪小説イラスト≫

■ 菅浩江 「GEAR〜Another Day 五色の輪舞(ごしきのロンド)」
https://www.amazon.co.jp/dp/4309920861/
・2016年07月刊
・A4変形判(210×210o)/72ページ
・ノンバーバル・パフォーマンス「GEAR」のパラレルストーリー
http://spn-works.com/gear/index.html
(出版ワークス・特設サイト)
https://www.facebook.com/ShuppanWorks/posts/603161313192285
(出版ワークス facebook/2016年06月07日付)

□ <特典> 有隣堂グループ
* P15&P18のオリジナルイラストカード付(先着)

□ <特典> 丸善・ジュンク堂の大規模店舗(全国30店舗程度)
* 表紙絵のオリジナルイラストカード付(先着)
(「丸善 丸の内本店」「丸善 京都本店」で挟み込みを確認。)

□ <特典>「GEAR-ギア-」ハグルマ商店
* 描き下ろしオリジナルイラストカード付(先着)
https://twitter.com/nvpgear/status/756130232881393664


・スピン(しおりひも)の色は、赤・青・黄・緑・白の5バージョン
https://twitter.com/ShuppanWorks/status/752394862461276162
* ランダム配本のため、どのお店に何色のスピンがあるか等は不明。


□ 「コンプティーク」2016年09月号
https://web-ace.jp/comptiq/backnumber/detail/50/

→ 菅浩江・山田章博 両先生へのインタビュー掲載(P260)
  「繊細な文章とイラストで紡ぐ もうひとつの『GEAR』」


■ 「GEAR Another Day 五色の輪舞」 関連イベント

(過去の関連イベント情報は、下記のページへ移動しました)
 ▼ to 「GEAR Another Day 五色の輪舞」関連イベント

 ▲ to #03 top

≪舞台イラスト≫

ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」
→ イメージイラストを描き下ろし

(GEAR 公式サイト)
http://www.gear.ac/
(facebook GEAR)
http://www.facebook.com/cco.gear

・2012年04月01日より「GEAR」ロングラン公演開始
→2015年09年11日よりVer.4.00として公演中。
* 2018年03月末までスケジュール公開中。
http://www.gear.ac/ticket/
・場所 : 京都 ART COMPLEX 1928


「公演パンフレット」
https://twitter.com/nvpgear/status/689388725210451972

・発売日 : 2016年01月22日
・サイズ : B5判
・通常頒価 : 2,000円
* 京都 ART COMPLEX 1928にて「GEAR」上演後の物販(ハグルマ商店)で販売。

【 収録内容 】
( 表紙 ) タイトルロゴ(Ver.4.00)
<CHAPTER1> STORY〜物語〜
( P04-39 ) 物語(Photo Story)
       (* P16-20にキャラクターイメージイラスト(Ver.4.00/計5点)収録。)
( P40-41 ) メッセージ/プロデューサー・小原啓渡
<CHAPTER2> CREATION〜『ギアの裏側』〜
( P44-45 ) スタッフワーク 「舞台美術」/ 舞台美術担当・柴田隆弘インタビュー
( P46   ) スタッフワーク 「映像」   / 映像担当・窪木亨インタビュー
( P47   ) スタッフワーク 「照明」   / 照明担当・松谷將弘インタビュー
( P48   ) スタッフワーク 「作曲」   / 作曲担当・豊田奈千甫インタビュー
( P49-55 ) Talk Session/特別対談 「イマジネーションの『遊び場』としての『ギア』」
       (* 小原啓渡×山田章博/近影4点)
( P56-57 ) 寄稿 「東洋初のロボット「学天則」と『ギア−GEAR−』」
       (* 大阪市立科学館 学芸員・長谷川能三)
( P58-61 )『ギア』の足跡〜History of GEAR〜
( P62-63 ) VOICE/御客様からの声
( 巻末遊び紙 ) イメージイラスト(Ver.4.00)

* 表紙背景には「白」と「黒」の2バージョンあるが、パンフレットの内容は同一。



・Ver.1.00の際の原画展示(2012/04/06)
https://twitter.com/nvpgear/status/188202107470479360

・Ver.2.00案内チラシ(2012/07/22)
http://twitpic.com/aaatd6

・Ver.2.00描き下ろしイメージイラスト(2012/09/22)
http://www.gear.ac/press/past_news/2012/09/?post_type=past_news

・会場内にVer.2.00とVer.3.00の原画展示あり
https://twitter.com/cyano_sawagi/status/340356703243612160

・ver.3.00からは、山田先生が「衣装デザイン」扱いとなっている。
(「GEAR 公式サイト」2013/04/01)
http://www.gear.ac/press/past_news/2013/04/?post_type=past_news

・Ver.3.00より、タイトルロゴデザインも提供。
http://instagram.com/p/iSSDjohW9P/#

・Ver.3.70で新規イメージイラスト描き下ろし(2015/06/17)
https://pbs.twimg.com/media/CHsFJByW8AAV5xI.png

・Ver.4.00用新規イメージイラスト描き下ろし(2015/07/12)
https://pbs.twimg.com/media/CJrzXMmUMAAHWQC.jpg

・垂れ幕もVer.4.00から新調されている。
https://twitter.com/nvpgear/status/645239396657049600

・「エンタ魂」での紹介(2014/06/30)
http://www.ent-mabui.jp/news/4215

・「Sharing Kyoto」での紹介(2016/02/16)
http://sharing-kyoto.com/see_GEAR/

・会場限定グッズあり。
「ポストカード」「缶バッジ」「エコバッグ」etc.
http://www.gear.ac/forfans/goods/
http://sharingkyoto.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/2016/02/Gear_mini.jpg

(缶バッジ) https://twitter.com/nvpgear/status/640447092737990656
(ポストカード) https://twitter.com/nvpgear/status/673130545455349761
(エコバッグ) https://twitter.com/nvpgear/status/679220723001327616
(キャラTシャツ) https://twitter.com/nvpgear/status/680336441595961344
(キャラTシャツ) https://twitter.com/pinion_gear/status/797699679794307073
(キャラTシャツ) https://twitter.com/pinion_gear/status/748158412454690816
(ロゴTシャツ) https://twitter.com/pinion_gear/status/690689884038701056

・togetter「『ギア-GEAR-』山田章博イメージイラスト」
http://togetter.com/li/284708

 ▲ to #03 top

≪舞台イラスト≫

COMPLEX ENTERTAINMENT 「『ギア-GEAR-』East Version」
→ 公式サイトに「GEAR」Ver4.00イメージイラストを使用

(GEAR EastVersion 公式サイト)
http://portsquare.jp/portcircle/geareast/

・2017年12月22日より「GEAR East Version」ロングラン公演開始予定
* 2018年02月末までスケジュール公開中。
http://portsquare.jp/portcircle/schedule.php
http://l-tike.com/play/mevent/?mid=311583
・場所 : 千葉ポートシアター(千葉ポートスクェア内)


* 関連記事
http://fringe.jp/topics/casestudies/20170930.html
(「fringe」2017年09月30日付)

・製作発表記者会見 : 2017年10月25日(水)14;30〜
(「ニコニコ生放送」で生中継。タイムシフト視聴可能)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv307966735

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

真山仁「ハーディ」 (「IN☆POCKET」月刊連載/完結)

(真山仁 公式サイト)
http://www.mayamajin.jp/

・「プロローグ」
  …第01回(2008年08月号)
・「第一章 ライズ」
  …第02回(2008年09月号)〜第05回(2008年12月号)/挿絵:計8点
・「第二章 タックル」
  …第06回(2009年01月号)〜第17回(2010年01月号)/挿絵:計24点
・「第三章 チャム」
  …第18回(2010年02月号)〜第24回(2010年08月号)/挿絵:計14点
・「第四章 キャスティング」
  …第25回(2010年12月号)〜第30回(2011年05月号)/挿絵:計12点
・「第五章 ヒット」
  …第31回(2011年06月号)〜第36回(2011年11月号)/挿絵:計12点
・「第六章 スプーク」
  …第37回(2011年12月号)〜第39回(2012年02月号)/挿絵:計6点
・「第七章 フック」
  …第40回(2012年07月号)〜第46回(2013年01月号)/挿絵:計14点
・「第八章 スイング」
  …第47回(2013年02月号)〜第52回(2013年07月号)/挿絵:計12点
・「第九章 ファイト」
  …第53回(2013年09月号)〜第54回(2013年10月号)/挿絵:計3点
・「エピローグ」
  …第54回(2013年10月号)/挿絵:計1点

・連載第02回(2008年09月号)より挿絵あり。
・休載:2009年04月号/2010年09月号〜11月号/2012年03月号〜06月号/2013年08月号
・2011年06月号に掲載された「ハゲタカ」「ハーディ」人物ファイルは、真山仁 official Home Pageに掲載されている。
http://www.mayamajin.jp/hagetaka/index.html
・2014/05/15付のFacebook「講談社文庫」にイラスト掲載あり。
https://www.facebook.com/kodanshabunko/posts/235438023317494


□ 「ハゲタカ2.5 ハーディ(上)」 (講談社文庫)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062938075
・2017年11月刊
・装画は「IN★POCKET」2008年9月号掲載・第2話の2点目「貴子とフィリップ・ビーナス」が、新たに描き下ろされたもの。
・各章扉には雑誌連載時の挿絵を使用(計4点再録)。

□ 「ハゲタカ2.5 ハーディ(下)」 (講談社文庫)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062938044
・2017年11月刊
・装画は「IN★POCKET」2009年12月号掲載・第16話の1点目「美麗と将陽明」が、加工されたもの。
・各章扉にも雑誌連載時の挿絵を使用(計5点再録)。


「IN☆POCKET」2017年11月号
https://www.amazon.co.jp/dp/4060607177
・2017年11月刊
・<真山仁『ハゲタカ2.5 ハーディ』を語る>
「待望の新作はノワール小説!真山仁インタビュー」掲載

講談社文庫「ハゲタカ2.5 ハーディ」特設サイト
http://kodanshabunko.com/hagetaka-hardy/


■ [NAVERまとめ]『ハゲタカ2.5 ハーディ』(真山仁 著)についてのエトセトラ
https://matome.naver.jp/odai/2151009881685221301


■「ハゲタカ2.5 ハーディ」出版関連イベント
<「ハゲタカ」シリーズ再始動!
待望の新作刊行記念 『ハーディ』から『シンドローム』へ>
https://honto.jp/store/news/detail_041000023674.html

・開催予定日 : 2017年12月26日(火)19:00開場/19:30開演
・会 場 : ジュンク堂 池袋本店(MJブックカフェ)
・要予約/定員40名 (*1階サービスコーナーまたは電話で受付)
・入場料 : 1000円(ドリンク付)当日支払い



「山田章博 〜挿画の世界展〜」 ≪会期終了≫
(2014年05月28日〜06月29日/芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー)

・前期:2014年05月28日(水)〜06月08日(日)(終了)
→ ≪前期/展示品一覧≫
http://yamadakawaraban.ninja-web.net/event2014_ashiya_list01.htm

・後期:2014年06月10日(火)〜06月29日(日)(終了)
→ ≪後期/展示品一覧≫
http://yamadakawaraban.ninja-web.net/event2014_ashiya_list02.htm

** 会場の様子(twitter真山仁事務所/2014/05/27)
https://twitter.com/office_mayama/status/471407015361662978

** 2014年06月08日(日)には、「ハーディ」の作者・真山仁との対談形式のギャラリートークが開催された。
** ギャラリートークの様子 (twitter 真山仁事務所/2014/06/08)
https://twitter.com/office_mayama/status/475506264730918914

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

スティーヴン・キング「ダークタワー」(角川文庫版)

(「ダークタワー」シリーズ特設サイト)
http://promo.kadokawa.co.jp/king/darktower/

* 2006年に新潮文庫から全7部・計16巻で刊行されているが、
 今回は角川文庫から新訳のW-1/2巻を加えた全8部・計14巻で刊行。
(** 2017年01月からの毎月刊行が計画されていたが、スケジュールは変更されている。)
(** 山田章博先生によるカバーは、シリーズT〜VとZ。)


・01 「ダークタワーT ガンスリンガー」 (2017年01月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000231
  ⇒ 同時発売の「電子書籍版」に、特典としてカバー装画のラフを収録。
https://bookwalker.jp/de8f0b2659-f97c-42b5-bfab-a8b0923ed60b/


・02 「ダークタワーU 運命の三人(上)」 (2017年01月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000232
・03 「ダークタワーU 運命の三人(下)」 (2017年01月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000233
  ⇒ 2017年04月配信開始 「U 運命の三人 【上下 合本版】」に、
    電子書籍版特典としてカバー装画のラフを収録。
    (* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応)
https://bookwalker.jp/dedac663e2-892f-4400-bcb1-b131a3949630/


・04 「ダークタワーV 荒地(上)」 (2017年04月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000234
・05 「ダークタワーV 荒地(下)」 (2017年04月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000235
  ⇒ 2017年04月配信開始 「V 荒地 【上下 合本版】」に、
    電子書籍版特典としてカバー装画のラフを収録。
    (* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応)
https://bookwalker.jp/de61774837-c3ff-4f75-8aad-bfaa4d65f9b7/


・13 「ダークタワーZ 暗黒の塔(上)」 (2017年10月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000242
https://www.amazon.co.jp/dp/4041049733/
・14 「ダークタワーZ 暗黒の塔(下)」 (2017年10月刊)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321607000243
https://www.amazon.co.jp/dp/4041049741/
  ⇒ 2017年10月25日配信開始 「Z 暗黒の塔 【上下 合本版】」に、
    電子書籍版特典としてカバー装画のラフを収録。
    (* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応)
https://bookwalker.jp/de3d437ba9-422b-411d-9758-fc42a6324e13/

⇒ 2017年10月25日配信開始「『ダークタワー』シリーズT‐Z【14冊 合本版】」には、
 「T ガンスリンガー」「U 運命の三人」「V 荒地」「Z 暗黒の塔」のカバー+カバー装画のラフを収録。
  また特典として「Z 暗黒の塔」カバー装画のラフ「キングバージョン」(2種)を収録。
  (* BOOK☆WALKER版は、拡大表示「めがイラスト」対応)
https://bookwalker.jp/de6f791b6e-9c70-4ef4-ad7f-2a0f7720dc2d/

https://twitter.com/k_kazama/status/919862734828716034
(twitter風間謙二/2017/10/16)


*「W 魔道師と水晶球」から「Y スザンナの歌」までは、
 『今世紀最大のダーク・ファンタジーを彩る、豪華イラストレーターの競演!!』
 と称して、複数のイラストレーターが巻ごとに競作する形態に。

・06 「ダークタワーW 魔道師と水晶球(上)」 (2017年06月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000236/
・07 「ダークタワーW 魔道師と水晶球(下)」 (2017年06月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000237/
⇒ カバーは、鈴木康士さんが担当。

・08 「ダークタワーW-1/2 鍵穴を吹き抜ける風」 (2017年06月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000269/
⇒ カバーは、田島昭宇さんが担当。

・09 「ダークタワーX カーラの狼(上)」 (2017年07月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000238/
・10 「ダークタワーX カーラの狼(下)」 (2017年07月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000239/
⇒ カバーは、末弥純さんが担当。

・11 「ダークタワーY スザンナの歌(上)」 (2017年08月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000240/
・12 「ダークタワーY スザンナの歌(下)」 (2017年08月刊)
http://www.kadokawa.co.jp/product/321607000241/
⇒ カバーは、米田仁士さんが担当。


・シリーズ開幕を伝えるプレスリリース
⇒ノンクレジット版の「T ガンスリンガー」装画を見る事ができる。
(「PR TIMES」2017/01/26付)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003004.000007006.html

・シリーズ開幕を伝える記事
(「ダ・ヴィンチ ニュース」2017/01/26付)
http://ddnavi.com/news/349033/a/

・シリーズ完結を伝える記事
(「PR TIMES」2017/10/26付)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003820.000007006.html

 ▲ to #03 top

≪スマートフォンアプリ≫

「メビウス ファイナルファンタジー/MOBIUS FINAL FANTASY」
→キャラクターカードを描き下ろし。

(MOBIUS FINAL FANTASY 公式サイト)
http://www.jp.square-enix.com/MOBIUSFF/

・配信開始:2015年06月04日
・iOS/Android/Windows(Steam)用RPG
・「MOBIUS FINAL FANTASY とは?」

<担当キャラクターカード>
・アルティメットカード 月の民「フースーヤ:FFIV」
(* 2017年08月06日〜08月09日開催のイベント「FFVII&FFXIV&FFXVリミテッドリユニオン大召喚開催!」にて新登場)
http://www.finalfantasy.jp/mobius/information/2017/08/05/7930df928cb91f3d808b51dcffa874f42a54484b.html
(* メビウスFF究極攻略wiki)
https://altema.jp/ffmobius/ability/2511

 ▲ to #03 top

≪スマートフォンアプリ≫

「ファイアーエムブレム ヒーローズ/FIRE EMBLEM Heroes」
→ キャラクターを描き下ろし

(FIRE EMBLEM Heroes 公式サイト)
https://fire-emblem-heroes.com/ja/

・ 配信開始:2017年02月02日
・ iOS/Android用シミュレーションRPG

<担当キャラクター>
・「タリスの傭兵 オグマ」 (*赤属性)
・「マルスの軍師 ジェイガン」 (*青属性)
・「老騎士 ギュンター」 (*緑属性)
・「解放の王 ゼフィール」 (*赤属性)
⇒ 各キャラクターともに「通常時」「攻撃時」「奥義使用時」「被ダメージ時」の4点のイラストが存在。

(** ゼフィールは第9章(9-2)で敵キャラクターとして登場。)
(** ゼフィールは時折開催される「大英雄戦」をクリアする事で入手可能に。)
https://twitter.com/FE_Heroes_JP/status/854621365650939904
https://twitter.com/FE_Heroes_JP/status/854622289827987457


■ 公式ガイドブック
  「ファイアーエムブレム ヒーローズ−召喚師の手引き−」
  (FIRE EMBLEM Heroes −SUMMONER'S GUIDE−)
https://fire-emblem-heroes.com/ja/topics/index.html?id=detail-20170531
https://www.amazon.co.jp/dp/4198644144/

・2017年05月発売
【カラーイラスト】 計16点(*キャラクター4体×4態)

・ P040-041 「タリスの傭兵 オグマ」
・ P056-057 「解放の王 ゼフィール」
・ P126-127 「マルスの軍師 ジェイガン」
・ P174-175 「老騎士 ギュンター」



* 「ファミ通App」記事
<【ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略】赤属性・キャラ一覧>
⇒ 「オグマ」の通常時と被ダメージ時のイラストが確認できる。(2017年02月03日付)
https://app.famitsu.com/20170203_961553/
<【ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略】青属性・キャラ一覧>
⇒ 「ジェイガン」の通常時と被ダメージ時のイラストが確認できる。(2017年02月03日付)
https://app.famitsu.com/20170203_961681/
<【ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略】緑属性・キャラ一覧>
⇒ 「ギュンター」の通常時と被ダメージ時のイラストが確認できる。(2017年02月04日付)
https://app.famitsu.com/20170203_961755/

* 「ファミ通.com」記事
≪『ファイアーエムブレム ヒーローズ』8×6マスでも、ちゃんと『FE』だった!≫
⇒「ジェイガン」の通常時と攻撃時のイラスト等が確認できる。(2017年01月31日付)
https://www.famitsu.com/news/201701/31125833.html
≪リフやクロム、レオンなど参戦キャラクターのイラストを公開!≫
⇒「オグマ」の通常時と攻撃時のイラストが確認できる。(2017年01月31日付)
https://www.famitsu.com/news/201701/31125916.html



** 過去の「ファイアーエムブレム」シリーズ関連のイラスト
⇒「ファイアーエムブレムTCG ユグドラルアンソロジー」(2003年)にて、
「アルヴィス」と「ディアドラ」を担当。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00049NBDA
http://fireemblem.wikia.com/wiki/File:Alvis_card.jpg
http://fireemblem.wikia.com/wiki/File:Diadora_card.jpg

 ▲ to #03 top

≪コンシューマーゲーム≫

「無双OROCHI2 Ultimate」
→キャラクターデザイン画を描き下ろし

(無双OROCHI2 Ultimate 公式サイト)
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/index.html
(コーエーテクノゲームス 公式サイト「GAMECITY」)
http://www.gamecity.ne.jp/

・Nintendo Switch版 : 2017年11月発売
https://www.youtube.com/watch?v=1A6XmcyvpDo
・Xbox One版 : 2014年08月発売
・Play Station 4版 : 2014年06月発売
・Play Station Vita版 : 2013年09月発売 (PS Vita the BEST版 : 2015年08月発売)
・Play Station 3版 : 2013年09月発売 (PS3 the BEST版 : 2015年08月発売)

・「玉藻前」 キャラクターデザイン画
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/images/characters/tamamonomae-illust.jpg
・「応龍」キャラクターデザイン画
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/images/characters/ouryu-illust.jpg
・「ナタ」キャラクターデザイン画
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/images/characters/nata-illust.jpg
・「九尾の狐」キャラクターデザイン画
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/images/characters/kyubi-illust.jpg
・「混沌」キャラクターデザイン画
http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/images/characters/konton-illust.jpg

・「ファミ通.com」「無双OROCHI2 Ultimate(アルティメット)」速報記事(2013年06月20日付)
http://www.famitsu.com/news/201306/20035256.html
・「電撃オンライン」「無双OROCHI2 Ultimate プレミアムBOX」記事(2013年07月24日付)
http://news.dengeki.com/elem/000/000/677/677536/
・「ファミ通.com」「無双OROCHI2 Ultimate」開発者トークショー記事(2013年09月15日付)
http://www.famitsu.com/news/201309/15040079.html

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

平井和正「地球樹の女神」(e文庫版)

(twitter/ウルフガイ・ドットコム)
https://twitter.com/ebunko8
(ウルフガイ・ドットコム)
http://www.wolfguy.com/
(e文庫 作品紹介)
http://ebunko.jp/chiqsy.htm

・刊行準備中
(* 2017年06月20日 twitter上で告知あり)
・カドカワノベルズ版のカバー絵・挿絵が収録される模様。
https://twitter.com/ebunko8/status/877173852123480065
・単行本未収録の山田章博のショートコミック「ラスト・ハルマゲドン extra version Prologue」も収録?
https://twitter.com/ebunko8/status/877509606817148928



【 山田章博が描いた「地球樹の女神」 関連イラスト掲載媒体 】

⇒ 「地球樹の女神」のために描かれたイラストの一部は、
  中央公論新社刊「山田章博画集」に収録されている。
https://www.amazon.co.jp/dp/4120032639


<雑誌版>

「野性時代」 1988年6月号 (角川書店)
(1988年04月刊)
⇒ 特集「平井和正 ラストハルマゲドン−SOONER OR LATER」 : 扉絵(1点)
  「ラスト・ハルマゲドン extra version Prologue」 : ショートコミック(5ページ)
  (**後に「コミックバーズ/BIRZ」1996年7月号に「伝説」のタイトルで再録)
  「地球樹の女神 1 真昼の魔女」 : 扉絵+挿絵(5点)+目次カット(1点)

「野性時代」 1988年9月号 (角川書店)
(1988年07月刊)
⇒ 「地球樹の女神 2 鷹は自由に」 : 扉絵+挿絵(5点)

「野性時代」 1988年12月号 (角川書店)
(1988年10月刊)
⇒ 「地球樹の女神 3 火の騎士」 : 扉絵+挿絵(5点)+目次カット(1点)

「野性時代」 1989年3月号 (角川書店)
(1989年01月刊)
⇒ 「地球樹の女神 4 我が母の教えたまいし歌」 : 扉絵+挿絵(5点)+目次カット(1点)

「野性時代」 1989年6月号 (角川書店)
(1989年04月刊)
⇒ 「地球樹の女神 5 聖母の宝石」 : 扉絵+挿絵(5点)+目次カット(1点)

「野性時代」 1989年9月号 (角川書店)
(1989年07月刊)
⇒ 「地球樹の女神 6 亡き王女のためのパヴァーヌ」 : 扉絵+挿絵(5点)+目次カット(1点)


「SFアドベンチャー」 1990年4月号 (徳間書店)
(1990年02月刊)
⇒ 「地球樹の女神 第2部 狼の足跡 (第1回)」 : 扉絵+挿絵(16点)
 (**単行本「PART6 狼の足跡」にあたる部分)

「SFアドベンチャー」 1990年7月号(徳間書店)
(1990年05月刊)
⇒ 「地球樹の女神 第2部 狼の足跡 (第2回)」 : 扉絵+挿絵(12点)
  (**単行本「PART7 影のない女」にあたる部分)


<書籍版>

・新書 「地球樹の女神 1 真昼の魔女」 (カドカワノベルズ版)
(1988年06月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)
http://www.88238.net/item/detail/FK28850.html

・新書 「地球樹の女神 2 鷹は自由に」 (カドカワノベルズ版)
(1988年09月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)

・新書 「地球樹の女神 3 火の騎士」 (カドカワノベルズ版)
(1988年11月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)
http://www.88238.net/item/detail/FK28851.html

・新書 「地球樹の女神 4 我が母の教えたまいし歌」 (カドカワノベルズ版)
(1989年04月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)
http://www.88238.net/item/detail/FK28852.html

・新書 「地球樹の女神 5 聖母の宝石」 (カドカワノベルズ版)
(1989年06月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)
http://www.88238.net/item/detail/UR43107.html

・新書 「地球樹の女神 6 亡き王女のためのパヴァーヌ」 (カドカワノベルズ版)
(1989年08月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(8点) (*挿絵のうち5点は「野性時代」より再録)
http://www.88238.net/item/detail/UR43108.html


・ハードカバー 「地球樹の女神 PART1 真昼の魔女・鷹は自由に」 (徳間書店)
(1990年05月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(14点)+裏表紙 (*裏表紙は全13巻共通)
http://www.suruga-ya.jp/product/detail/2M1055

・ハードカバー 「地球樹の女神 PART2 火の騎士」 (徳間書店)
(1990年05月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(7点)+裏表紙
http://www.suruga-ya.jp/product/detail/2M1056

・ハードカバー 「地球樹の女神 PART3 我が母の教えたまいし歌」 (徳間書店)
(1990年06月刊)
⇒ 表紙+口絵(3点)+挿絵(7点)+裏表紙
http://www.suruga-ya.jp/product/detail/2M1057

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

田中芳樹「アルスラーン戦記」(光文社文庫版)

(とある作家秘書の日常/田中芳樹事務所 公式blog)
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/

・1巻「王都炎上」 (2012年04月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334764036
・2巻「王子二人」 (2012年08月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334764500
・3巻「落日悲歌」 (2012年12月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334765095
・4巻「汗血公路」 (2013年6月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334765811
・5巻「征馬孤影」 (2013年12月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334766696
・6巻「風塵乱舞」 (2014年6月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334767600
・7巻「王都奪還」 (2014年12月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334768478

・8巻「仮面兵団」 (2015年06月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334769253
・9巻「旌旗流転」 (2015年12月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334772161
・10巻「妖雲群行」 (2016年05月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334772932
・11巻「魔軍襲来」 (2016年08月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334773328
・12巻「暗黒神殿」 (2017年05月刊)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334774707
・13巻「蛇王再臨」 (2017年11月刊)
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334775599

・14巻「天鳴地動」 (2018年発売予定?)

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

朝松健 作品

(UNCLE DAGON TEMPLE/朝松健 公式サイト)
http://uncle-dagon.g.dgdg.jp/


≪電子版≫
朝松健「旋風伝 レラ=シウ」 全3巻
http://adrenalize.co.jp/index_news_20151211.html

・2015年12月配信開始
・GA文庫版の本文に、山田章博が描いたイラスト全点が加えられたもの。
(ソノラマノベルス版、単行本版のイラストだけでなく、雑誌「獅子王」掲載分も。)
https://twitter.com/adrenalizebook/status/674243391366938625

(アドレナライズ 公式サイト)
http://adrenalize.co.jp/


「魔道コンフィデンシャル」(The Cthulhu Mythos Files)
http://www.soudosha.jp/Cthulhu/mado.html

・2015年10月刊
・カバーイラストと挿絵を山田章博が担当。
https://twitter.com/akiko_m1/status/651595894177968129
・一部書店では、表紙柄のイラストカード(ポストカードサイズ)の封入あり。


※ 出版記念イベント「ナイトランド・セッション#13」
『妖神!魔道鼎談義・創土社はいかにして日本のアーカムハウスとなったか?』

・開催日:2015年10月24日(土)
・会場:Cafe Live Wire(東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F)
・出演:朝松健(作家)/竹岡啓(クトゥルー神話研究家)/創土社編集者
・イベント中、「魔道コンフィデンシャル」イラスト原画(計4点)が展示された。
https://twitter.com/cthulhudune/status/657865095570042881


「夢幻組あやかし始末帖 − 百鬼夜行に花吹雪」シリーズ(ベスト時代文庫)

・1巻「百鬼夜行に花吹雪」(2012年07月刊)
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi?isbn=978-4-584-36708-7
・2巻「おコン!狐闇」(2012年10月刊)
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi?isbn=978-4-584-36720-9

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

小野不由美「十二国記」(新潮文庫版)

(「十二国記」新潮社公式サイト)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/ (2012年04月01日開設)
(facebook 小野不由美「十二国記」/新潮社公式)
http://www.facebook.com/12kokuki


・「十二国記」画集・第一集「久遠の庭」(2014年07月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/67.html
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/artbook/

・「十二国記」画集・第二集「青陽の曲」 (発売日未定/新潮社)
* 新潮文庫版を中心に、2012年以降に描かれたイラストがまとまる模様。
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/66.html
(** 麒麟便り/2014年05月26日付)


・新装版「魔性の子」(2012年06月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/1.html
・「月の影 影の海(上)」(2012年06月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/9.html
・「月の影 影の海(下)」(2012年06月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/10.html
・「風の海 迷宮の岸」(2012年09月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/26.html
・「東の海神 西の滄海」(2012年12月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/29.html
・「風の万里 黎明の空(上)」(2013年03月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/36.html
・「風の万里 黎明の空(下)」(2013年03月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/37.html
・「丕緒の鳥」 (2013年06月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/46.html
・「図南の翼」(2013年09月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/53.html
・「華胥の幽夢」(2013年12月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/60.html
・「黄昏の岸 暁の天」(2014年03月刊)
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/62.html

・カバー装画+本編挿絵5点を、全巻新規描き下ろし。
・新作「描き下ろし長編」も新潮文庫より刊行予定。(刊行時期未定)
→「麒麟通信」によれば2014年12月時点で、原稿用紙1000枚をこえてなお執筆中。
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/71.html
・文庫「背表紙」も、山田章博描き下ろし。



・新潮オンラインショップにて関連グッズ販売中。
https://www.shincho-shop.jp/shincho/goods/list.html?cid=12kokuki
「風の万里 黎明の空(上)」複製原画(限定100枚)
「ポストカードセット」6枚入(1,260円+送料)
「ポストカードセット 第二集」6枚入(1,260円+送料)
「図南の翼」オリジナルポスター(1,050円+送料)

・「ダ・ヴィンチ」2012年09月号
特集「全作ハズレなし!小野不由美」掲載。
→ 山田章博インタビュー掲載
→ 付録:「十二国記」表紙イラストポストカード
http://ddnavi.com/dav-contents/76033/



・「久遠の庭」サイン会の際に取材された新聞記事等は、下記などに掲載されている。

(1)共同通信 (2014年08月09日・東京サイン会の際取材)
・「高知新聞」(2014年8月15日・朝刊/10面)
 (**「「十二国記」画集を出版 山田章博さん/破格の世界観 華麗に/十数カ国で人気」)
・「琉球新報」(2014年8月15日・朝刊/19面)
 (**「「十二国記」画集を出版/山田章博さん」)
・「長崎新聞」(2014年8月18日・朝刊/18面)
 (**「『十二国記』 画集 久遠の庭」出版/イラストレーター 山田章博さん/破格の世界観 華麗にたどる」)
・「宮崎日日新聞」(2014年9月1日・朝刊/25面)
 (**「「十二国記」画集を出版/山田章博さん」)
・「中国新聞社」(2014年9月8日・夕刊/夕文化)
 (**「華麗な絵 深遠「十二国記」 山田章博さんが画集出版」)

(2)朝日新聞 (2014年08月10日・大阪サイン会の際取材)
・「朝日新聞(大阪本社版)」(2014年9月12日・夕刊/5面)
 (**「異世界へいざなうイラスト群 漫画家・山田章博、小説「十二国記」の初原画集」)

(3)朝日中高生新聞新聞
・「朝日中高生新聞(週刊)」(2014年11月30日/15面)
 (**「十二国記」のイラスト描く山田章博さんに聞く/「挿絵を読む手助けにして」「一番いい絵は、読者の中に」)


・「久遠の庭」サイン会の際にイラストが描き下ろされた紀伊國屋書店ブックカバーは、
 2016年7月現在「紀伊國屋書店 グランフロント大阪店」に展示あり。

 ▲ to #03 top

≪小説イラスト≫

Founder:京極夏彦公認シェアード・ワールド小説「薔薇十字叢書」
→メインビジュアルを担当

(薔薇十字叢書 公式サイト)
http://www.fujimishobo.co.jp/barajyuji/

・2015年10月シリーズ刊行開始。関連書に折り込みチラシの投げ込みあり。
・「ダ・ヴィンチ」2015年11月号に記事掲載あり(P96-99)。
https://twitter.com/d_davinci/status/651220587503710208
・2015年10月に開催された富士見L文庫の「大人の文学少女フェア」協賛店では、ポストカードが配布された。
https://twitter.com/fujimi_L_bunko/status/651354850559553536

・ポスター、チラシ等の宣伝物デザインは、「welle design」が担当。
http://www.welle.jp/その他/薔薇十字叢書

 ▲ to #03 top

<少し古めの作品情報については下記へ>

「かわらばんやの倉庫」→
≪関連資料04-2010S≫ 2010年代の「山田章博」作品群 (単発/完結済/更新停止中のもの)

 ▲ to #03 top

≪ 御礼 ≫

「山田章博 作品目録」の一部を冊子化したものを頒布させていただいています。
「コミックマーケット92」(2017夏コミ)は、3日目東U14aで参加しました。
本サークルまで足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。

(* 頒布物情報は、下記のページ(↓)に。)
「魔法使いの弟子の見習い書記官」刊行物情報

△ to top



文責:初音むつな
twitter
http://twitter.com/mutuna